おすすめのweb小説を紹介

スイッチライトでフォートナイトをする際にあったほうが良いものについて紹介!

<はじめに>

スイッチライトでフォートナイトを遊んでいる人の中でスイッチライトだと少しフォートナイトがしづらいなと感じてる人がいると思います。

実際自分もスイッチライトでフォートナイトをしているときゲームがしづらいなと感じることが多々ありました。

そして、そういった悩みを解消できないかネットでいろいろなものを買って実際に使って試してみました。

その買ったものの中には使ってみていまいちなものもあったんですけど、実際に使ってみたらフォートナイトがすごく遊びやすくなるものもありました。

そこで今回は自分がいろいろと買ったものの中で特にスイッチライトでフォートナイトがしやすくなったものを紹介していきたいと思います。

スイッチライトでフォートナイトをしやすくするために買ってみて良かったもの

1.スイッチライト用ケースカバー

まず最初におすすめしたいのがスイッチライト用のケースカバーについてです。

スイッチライト用ケースカバーに関してはすでに持っている人が多いと思うんですけど、スイッチライトでフォートナイトをするうえで普通のスイッチライト用のケースカバーだとフォートナイトはしづらいと思います。

そこでおすすめしたいスイッチライト用のケースカバーがdaydayupというブランドのケースカバーです。

このケースカバーがおすすめな理由はゲーム機本体の持ちやすさにあります。

ケースカバーの裏の部分には少しでっこみが合って他のケースカバーに比べるとゲーム機本体が持ちやすいです。

そしてそのカバー裏にあるでっこみのおかげでスイッチライト本体のスティックがすごく動かしやすくなります。

スティックが動かしやすくなるとそれまで全然合わなかったエイムが少しずつなんですけど、合うようになります。

それでカバーがある状態に慣れてくるとエイムがそれまでに比べて格段に良くなります。

これは実際に自分が体験したことで本当にエイムが合わせやすくなったので、フォートナイトのエイムで悩んでいる方は一度ぜひ今回紹介したスイッチライト用のカバーを試してみてください。

それともうひとつdaydayupのケースカバーがおすすめなポイントがあります。

それがスティックカバーがついている点です。

スイッチライトでフォートナイトをしている人の中にはスティックにカバーをしていない人もいるかと思います。

スティックにカバーをしていなくてもゲームは全然出来るんですけど、カバーをしていた方がエイムが合わせやすくなったりします。

また、スティックカバーをつけることによって手汗で滑ってゲームがしずらくなるという状況も回避できます。

実際スティックカバーがあるだけでスティックが動かしずらくなるという状況はほとんどなくなりました。

なので、ゲームをしていて手汗でスティックが動かしずらくなって困っている人にもこのdaydayupのスイッチライトケースカバーセットはおすすめです。

2.Bluetoothオーディオアダプター

次に紹介したいものがスイッチライトでワイヤレスイヤホンが使えるようになるBluetoothオーディオアダプターです。

スイッチライトに有線のイヤホンを繋ぎながらゲームをしている人の中にはイヤホンのコードが邪魔でゲームがしずらいと感じている人がいると思います。

実際自分もそのことについて少し悩まされていました。

それでそんな人におすすめしたいものがBluetoothオーディオアダプターです。

このアダプターを使えばスイッチライトでもワイヤレスイヤホンが使えるようになります。

ワイヤレスイヤホンを使えるようになるだけでほんとにゲームのやりやすさが変わりました。

なので、もしイヤホンのコードが邪魔でゲームがしづらいと感じている人は一度ぜひ今回紹介したBluetoothオーディオアダプターを試してみてください。

プロコンを買った場合におすすめのもの

3.スイッチ純正コントローラ―

スイッチライトでフォートナイトをしていてすごくゲームがしやすくなったなと一番実感したのはスイッチライトでプロコンを使ったときでした。

スイッチライト本体だけでもフォートナイトは出来るんですけど、スイッチライトでもフォートナイトを最大限楽しみたいという人にはやっぱりプロコンを使うことをおすすめします。

その理由としてはとにかくエイムが合わせやすくなるところです。

スイッチライト本体のスティックでも練習をすればエイムを上手く合わせられるようになるんですけど、敵が強くなったりするにつれてだんだんとスティックだけでは対応しきれなくなってしまいます。

実際自分も最初はスイッチライト本体のスティックだけでフォートナイトをしていたんですけど、試合を重ねるごとに敵がだんだんと上手くなっていってスイッチライトのスティックだけでは対応しきれないという状況になっていきました。

そんなとき思い切ってスイッチの純正のプロコンを買ってみました。

買ってすぐのときはスイッチライトのスティックとプロコンのスティックの違いに少し対応しきれなかったんですけど、使っていくうちにだんだんとなれていって1週間くらいで上手く使いこなすことが出来るようになっていました。

そうして慣れてきた状態でフォートナイトをしてみたら個人的な感想なんですけど、すごくエイムが合わせやすくなっていました。

これはおそらくなんですけど、スイッチライトのスティックに比べてプロコンのスティックのほうが稼働範囲が広くてそのおかげでエイムが合わせやすくなったんだと思います。

なので、もしスイッチライトのスティックだと少し操作がしずらいなと感じている人は一度ぜひプロコンを試してみてください

それとプロコンに関して純正ではなく非純正のほうを買おうと考えている人もいると思うんですけど、これに関しては個人的に非純正のものを買うことはあまりおすすめできません。

理由としては非純正のものの場合不良品が混ざっていることがあるからです。

自分はps4のコントローラ―のほうで非純正のものを何回か買ったことがあるんですけど、そのうち何個かは不良品のものが混ざっていました。

具体的にどういった不良品だったかというとコントローラーの左スティックが常に動いた状態のものでその状態ではとてもゲームが出来る状態ではありませんでした。

なので、もしプロコンに関して純正のものと非純正のものどっちを買おうか迷っている人がいたら個人的には純正のほうをおすすめします。

4.プロコン用フリーク

次に紹介するものがプロコン用のフリークです。

プロコン用のフリークは色々あってどのフリークもとても良いんですけど、個人的におすすめなのはGalaxyのフリークです。

このフリークが他のフリークに比べて良いところは手汗でスティックが動かしずらくならないところです。

他のフリークだと構造上手汗でスティックが動かしずらくなることがあると思うんですけど、このGalaxyのフリークの場合手汗が出ていてもスティックが動かしずらくなることがありません。

なので、もしプロコンのフリークに関してどのフリークヲ買おうか迷っていたらこのフリークがおすすめです。

それとフリークに関してはつけなくてあまり変わらないんじゃないかと思う人もいると思います。

実際フリークをつけてもあまり変わらない部分もあるんですけど、一応変わる部分もあってそれがエイムが合わせやすくなるという点です。

具体的には細かい視点の動きがしやすくなります。

スイッチのプロコンの場合スティックがps4のコントローラ―などに比べると軽くてスティック自体はすごく動かしやすいと思います。

なんですけど、その反面細かい視点の動きはすごく難しかったりすることがあると思います。

実際自分もプロコンでフォートナイトをしていて細かい視点の動きが上手くできなくてそのことについて少し悩んでいました。

そんなとき試しにフリークを買ってスティックにつけてみたら思ったよりもエイムが合わせやすくなって特に細かい視点の動きがフリークヲつける前に比べて格段にしやすくなりました。

エイムが合わせやすくなるかは個人差があるとは思うんですけど、自分の場合本当にエイムが合わせやすくなってフォートナイトをプレイすること自体すごく楽しくなりました。

なので、プロコンで細かい視点の動きが出来ずに悩んでいる人がいたら一度ぜひフリークをつけて試しに遊んでみてください。

5.プロコン用マウントホルダー

プロコンでフォートナイトをしてみようと考えている人に特におすすめしたいものがプロコントローラ―用マウントホルダーです。

スイッチライトでプロコンを使えばそれまで以上に操作がしやすくはなるんですけど、その反面スタンドなどを使うことになり画面自体が少し見づらくなってしまいます。

実際自分もプロコンを買って操作に慣れることができたのは良かったんですけど、画面が見づらくてそのことについてだけはプロコンの操作に慣れたあとも本当に悩んでいました。

そんなときに見つけたのがこのプロコン用マウントホルダーです。

プロコンにマウントホルダーをつけるとスイッチライトの画面がすごく見やすくなってゲームが本当に遊びやすくなります。

なので、もしプロコンを使って遊んでいる人の中で画面が見づらくて悩んでいる人がいたらぜひプロコン用マウントホルダーを試してみてください。

6.アーム型スタンド

次におすすめしたいものがアーム型スタンドです。

このアーム型スタンドは用途としてプロコン用マウントホルダーとかぶってしまう部分があるんですけど、アーム型スタンドにはプロコン用ホルダーとは違う良さがあります。

それが長時間ゲームをすることが出来るようになる点です。

プロコン用マウントホルダーの場合スイッチライトの携帯モードと同じ状態で操作が出来るのでゲーム自体はすごく楽しめるんですけど、その反面プロコンとスイッチライト両方を持った状態でゲームをすることになるので長時間のゲームにはあまり見ていません、

けれど、アーム型スタンドの場合スイッチライトは置いた状態でゲームをすることが出来るのでスイッチライトでプロコンを使った環境でも長時間ゲームをすることが出来ます。

もちろんアームでスイッチライトの画面の位置を細かく調整することが出来るのでマウントホルダーのときと比べても画面の見やすさ自体はあまり変わりません。

なので、スイッチライトにプロコンをつなげた状態で長時間ゲームをしたという人がいたらアーム型スタンドはすごくおすすめです。

<おわりに>

今回はスイッチライトでフォートナイトをするうえで個人的にあったほうが良いものについて紹介してみました。

スイッチライトだけでも十分フォートナイトを楽しむことは出来るんですけど、今回紹介したものを使えばよりスイッチライトでフォートナイトを楽しむことが出来なると思います。

なので、もし少し今回紹介したものの中で少しでも気になったものがあったときは一度ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です