おすすめのweb小説を紹介

【2021年版】カクヨムおすすめ作品6選

<はじめに>

今回は投稿サイトの「カクヨム」を中心におすすめの作品を紹介していこうと思います。

気になった作品があったときはぜひ読んでみてください。

1. 娼館通いの夜遊び王子 ~無能の王子は闇夜で暗躍する~ 作者:クローン人間

 あらすじ

毎日娼館に通う『夜遊び王子』ことドラゴニア王国第三王子シラン・ドラゴニア。 勉強もダメ。運動もダメ。無能王子とも呼ばれて馬鹿にされていた。 しかし、国民からも嫌われる彼には裏の顔があった。。 契約した人外美少女の使い魔と共に、今夜も夜の街に出向く。

引用:娼館通いの夜遊び王子 ~無能の王子は闇夜で暗躍する~

この話の面白かったところは主人公が身近な人たちからすごく好かれていたところでした。

主人公は毎日のように娼館に通っていることで国民の多くからは嫌われているんですけど、事情を知っている身近にいる人たちからは本当に好かれていてその場面は読んでいてとても幸せな気持ちになれました。

他に面白かったところは主人公のことが本当に好きな幼馴染が登場する場面でした。

その幼馴染はツンデレのような性格なんですけど、主人公にとても優しくてその場面も読んでいてすごく面白かったです。

この作品は読んだら幸せな気持ちになれる話なのでおすすめです。

娼館通いの夜遊び王子 ~無能の王子は闇夜で暗躍する~を読む

2. 異世界召喚されてきた聖女様が「彼氏が死んだ」と泣くばかりで働いてくれません。ところでその死んだ彼氏、前世の俺ですね。 作者:花果唯

あらすじ

転生して平和な島国アストレアの期待されない第三王子として自由気ままに生きてきたエドワードだったが、女神によって召喚された聖女様の出現によって生活は一変する。
精神状態が天候に現れるという厄介な聖女様の世話役に聖女様が選んだのは……見目麗しい兄達ではなく地味なエドワードだったのだ。
女神様から与えられた使命を放棄して泣き続け、雨ばかり降らせる聖女様の世話なんて面倒な上、責任重大。
どうして泣くのかと理由を聞けば「彼氏が死んだ」。
そんな理由でお前は泣かないだろう。
分かっているんだからな。

その死んだ彼氏、前世の俺だから。

引用:異世界召喚されてきた聖女様が「彼氏が死んだ」と泣くばかりで働いてくれません。ところでその死んだ彼氏、前世の俺ですね。

この話で面白かったところは主人公が異世界に来た元の世界の彼女と少し関わる場面でした。

主人公は自分の正体を隠したまま元の世界の彼女に接しようとするんですけど、そのときにあることが理由で元の世界の彼女に自分の正体のことを疑われてしまいます。

主人公はどうにか正体を隠しながら接することができるんですけど、元の世界から来た彼女は主人公が自分の彼氏にすごく似ているという理由から仲良くなろうと色々と行動していて、その場面は読んでいてすごく面白かったです。

この作品で一番面白かったところは主人公とヒロインの過去のことがわかる場面でした。

主人公が小学生のときに年上のヒロインに甘える場面がすごく面白くてその場面は思わずニヤニヤしちゃいましたね。

それと主人公が小学生から中学生になったあと一時期ヒロインのことを避ける場面があるんですけど、そのときに主人公がヒロインにせまられて告白する流れとかも読んでいてすごく面白かったです。

他に面白かったところは主人公が異世界に来たヒロインと対面する場面でした。

対面したときヒロインは元の世界の彼氏と会えたと思うんですけど、少し関わることで主人公と元の世界の彼氏が別の人物ということに気づいてしまいすごく悲しんでしまいます。

そのときに主人公がヒロインに対して取った行動がすごく意外で驚いたんですけど、その場面は読んでいてすごく面白かったです。

自分は幼馴染がメインの小説は多く読んできたんですけど、その多くの幼馴染ものの小説の中でもこの作品は特に面白かったのでおすすめです。

8話は絶対ニヤニヤしちゃう

異世界召喚されてきた聖女様が「彼氏が死んだ」と泣くばかりで働いてくれません。ところでその死んだ彼氏、前世の俺ですね。を読む

3. おとぎ話の悪役令嬢は罪滅ぼしに忙しい 作者:石狩なべ

あらすじ

プリンセスを虐めた家族の次女である『あたし』を死刑にしたのは血の繋がらない義妹(プリンセス)。しかし、世界が一巡したことによって義妹を虐め始める前の時間に『あたし』は戻っていた。
(このままだったらまた死刑になる…)
『あたし』は死刑回避のために、一度目の世界での罪滅ぼし活動を始める事となる。
「さあ、唱えよう!愛し愛する。さすれば君は救われる!」
果たして『あたし』は将来起きうる死刑を回避し、幸福を手に入れることが出来るのだろうか。

引用: おとぎ話の悪役令嬢は罪滅ぼしに忙しい

この話で特に面白かったところは主人公の過去の話の場面でした。

主人公はプリンセスである妹を虐めてしまった罰としてひどい生活を送ることになるんですけど、そんなひどい生活の中でもちょっとした楽しみを見つけることができます。

その主人公の楽しみを描写している場面は読んでいてすごく面白かったです。

他に面白かったところは主人公の優しさがわかる場面でした。

主人公はやり直しをする前プリンセスの妹を虐めていた罰としてひどい生活を送ることになってしまいます。

でもその虐めていた行動が実はプリンセスに優しくしている行動でそのことがわかる場面があるんですけど、その場面はこの話を読んだ中で一番面白かったです。

この話は驚くような展開も多いんですけど、全体的にすごく面白かったのでおすすめです。

おとぎ話の悪役令嬢は罪滅ぼしに忙しいを読む

4. 幼馴染にフラれたら、もう一人の幼馴染が〇〇してくれた。 作者:@chakoronia

あらすじ

カツオは中学三年生。バカだった。
女の幼馴染が二人いた。

そんな話。

引用:幼馴染にフラれたら、もう一人の幼馴染が〇〇してくれた。

この話で特に面白かったところは主人公が幼馴染にフラれてしまったあとの話の流れでした。

主人公とその幼馴染は同じクラスだったので何回も顔を合わせることになってしまうんですけど、そのときの主人公の心の声とかがすごくリアルでその場面が読んでいてすごく面白かったです。

他に面白かったところは主人公のもう一人の幼馴染が主人公にすごく優しくしてくれる場面でした。

主人公はずっと好きだった幼馴染にフラれてしまって落ち込んでしまうんですけど、そんなときいつも主人公に厳しいもうひとりの幼馴染が主人公に対してすごく優しく接してくれます。

そのもうひとりの幼馴染のギャップがすごく良くてその場面は読んでいて本当に面白かったです。

この話は描写がすごくリアルでシリアスな場面もあってすごく面白かったのでおすすめです。

幼馴染にフラれたら、もう一人の幼馴染が〇〇してくれた。を読む

5. 騎士団の金庫番 ~元経理OLの私、イケメンだらけの騎士団のお財布を握ることになりました 作者:飛野猶

あらすじ

異世界転移した経理OLは、通りがかりの騎士団に拾われる。王都まで同行させてもらうだけのはずだったのに、騎士団は色々な問題を抱えている様子。これはもしかして、経理部一筋で培った知識の出番ですか!? 会計知識でお悩み解決して団員たちに感謝されつつ、イケメン騎士と良い雰囲気になったり、年下従騎士とお料理したり、女騎士とポプリを作ったり。騎士団遠征ライフ、ほんわか満喫中。

引用:騎士団の金庫番 ~元経理OLの私、イケメンだらけの騎士団のお財布を握ることになりました

この話で特に面白かったところは主人公が騎士団のメンバーと一緒に旅をする場面でした。

旅の中でご飯を用意する場面やテントを設置する場面がすごくリアルで読んでいて本当に旅をしている気分になれてとても面白かったです。

他に面白かったところは主人公がイケメン騎士と仲良くしている場面でした。

話の流れで主人公がイケメン騎士にお姫様抱っこをされる場面があるんですけど、その場面での主人公の心の声とかは読んでいてすごく面白くて笑っちゃいました。

この話は笑える場面も多くて面白かったのでおすすめです。

騎士団の金庫番 ~元経理OLの私、イケメンだらけの騎士団のお財布を握ることになりましたを読む

6. ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~ 作者:餅月望

あらすじ

「なぜ、こんなことに……?」
大国ティアムーン帝国の皇女、ミーア・ルーナ・ティアムーンは断頭台(ギロチン)の上でつぶやく。
彼女を取り囲む観衆の顔には、例外なく怒りの色があった。
重税に耐えかねた民衆の革命、その手にかかって、ミーアは断頭台で処刑されてしまう。
けれど次に目が覚めた時、彼女はベッドの上に寝ていた。
八年も前、まだ子どもだった頃の姿で……。
一瞬、夢か? と安心しかけるミーアだったのだが、その枕元には彼女自身が綴った血染めの日記帳が転がっていた。
豪奢な皇女の部屋に、ミーアのあられもない悲鳴が響いた。

これは、やり直しの物語。
それほど悪辣ではなかったけれど、他人の痛みにも空腹にも思いを致すことができなくて……それを知った時にはすべてが手遅れだった姫殿下。過去の自分へと逆行転生した彼女は、血染めの日記帳と自らの記憶をもとに、西へ東へ奔走する。
斜陽の帝国の未来を救うため?
内戦により命を落とす多くの兵士のため?
民衆を飢饉から救うため?

否、彼女の目的はただ一つ。
「すべてはギロチンの運命を回避するために!」

引用:ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

この話で特に面白かったところは主人公がやり直しの前で自分によくしてくれた人に対して恩返しをする場面でした。

主人公が恩返しをしようと決意したエピソードがすごく感動的だったので、その場面は何回読んでも本当に面白かったです。

他に面白かったところは主人公が周りの人から色々と勘違いされる場面でした。

主人公はやり直しをする前の記憶を頼りに色々な場面ですごく良い行動を取るんですけど、そのことに対して周りの人たちはが主人公のことを過大評価してしまいます。

周りの人たちが主人公のことを過大評価するときの心の声が絶妙に面白くて思わず笑っちゃいました。

この話は笑える場面もあるんですけど、感動的な場面もあってすごく面白かったのでおすすめです。

この作品で一番面白かったところはメイドのアンヌが前世で主人公のミーアにすごく尽くしてる場面でした。

ミーアがアンヌに対してあまり良い態度を取っていなかったんですけど、それでも処刑される寸前までミーアにすごく尽くしているアンヌの行動とか読んでいて本当に感動しましたね。

特に感動的だったところがミーアが処刑される寸前の場面でした。

ミーアは処刑される寸前、アンヌに対してどうして今まで尽くしてくれたのか聞いたんですけど、そのときアンヌが「特に理由なんてありませんよ」と優しくミーアに言っていた場面がすごく印象的でその場面もすごく感動しました。

この作品のキーワードに百合はなかったんですけど、個人的にはこの作品は百合ものとしてもすごく楽しめると思います。

なので、百合ものが好きな人にはぜひ読んでもらいたいです。

ミーアとアンヌが関わる場面は本当に面白かった!!

ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~を読む

<おわりに>

今回はカクヨムを中心におすすめの作品を書いてみました。

少しでも参考にしてもらえたらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です