おすすめのWeb小説を紹介

カラダにイイ男(体にいい男)最終回のネタバレ&感想!

<はじめに>

今回はレジンコミックスで連載されていた漫画「カラダにイイ男」の最終回のネタバレと感想を書いていこうと思います。

カラダにイイ男の最終回は主人公の能力がなくなってしまったり、主人公が最後どの女性と一緒になるかがわかる回です。

また、最終回はこれまで起こった厄介ごとすべてが解決する回でもあるので、もし気になった方がいたらぜひ漫画版のほうも読んでみてください。


巻読みの値段:231円

タテヨミの値段:66円

カラダにイイ男のあらすじ

家電量販店で働いていた主人公はある日元カノと食事へ行くことになります。

元カノと食事に行ったとき主人公は元カノから怪しいマッサージ器を勧められて、ネズミ講とわかっていながらもそのマッサージ器を買ってしまいます。

家に帰りそのマッサージ機を使ってみるんですけど、上手く使えずいろいろ試しているとそのマッサージ器から電気が放たれ主人公は少し気を失ってしまいます。

そのあと目覚めた主人公には特殊な能力が備わっていてその能力が触れた人を気持ちよくさせるというものでした。

その特殊な能力のおかげでそれまで女性と無縁だった主人公はその後様々な女性と関わっていくことになります。

カラダにイイ男最終回ネタバレ&感想

主人公の特殊な能力はどうなった?

主人公に特殊な能力が備わっていることを大企業の社長が知り、その主人公の能力を手に入れるため大企業のエージェントが秘密裏に動いていました。

そして、そのエージェントは主人公の能力を手に入れるために主人公と仲良くなっていた女性をさらいます。

そのことを知った主人公は女性を助けるためにそのエージェントのいうことを聞きとある実験室へと足を運びます。

そこには主人公の能力を作った科学者で主人公に協力していた人物がいました。

その実験室で主人公の特殊な能力を主人公から社長へと移す手術が行われます。

手術が終わると主人公の能力は社長へと移り主人公にはもう特殊な能力はなくなってしまっていました。

主人公を追っていた大企業はどうなる?

主人公の能力を得るために大企業の社長は科学者によって手術をされます。

その手術は成功して一時的にその能力は社長へと移るんですけど、能力を移したとき体への影響が大きすぎて社長は死んでしまいます。

そこへ副社長たちが現れ社長の部下たちを次々と捕まえていき、会社は社長から副社長のものへとなります。

主人公は最後誰と結ばれる?

主人公は特殊な能力を得たあと様々な女性と関係を持ちます。

けれど、最後にはハーレム状態にはならず一人の人物と結ばれます。

その人物は主人公の隣の部屋に住んでいた女性です。

最終回の感想

最終回を読んでみて特に印象的だったのは社長が死んでしまう展開でした。

なんとなく社長は死なずに話の結末を迎えると思ったので読んでて社長が手術に失敗して死んでしまうところはこの話を読んだ一番びっくりしちゃいましたね。

それと最後の終わり方も死んでしまう人もいるような漫画だったので少し重い感じの終わり方だと思ったんですけど、意外とあっさりとした終わり方でその点も少しびっくりしちゃいましたね。

でも、全体的にすごく面白かったのでまた気が向いたときに読んでみたいです。

カラダにイイ男最終回の結末

主人公は能力を移す手術をしたあと能力を失ってしまいます。

けれど、その能力を失ったあとも隣の部屋に住んでいた女性とはそのまま付き合うことになります。

そして、いろいろな事情を知っている主人公は大企業の副社長と少し話をすることになります。

そこでは危ないようなことはなく主人公は知っている情報を秘密にする代わりに自分の働いている建物のオーナー権を得ることになります。

建物のオーナーが主人公に移ったことでそれまで主人公に高圧的だった職場の上司が主人公へとペコペコするようになります。

それと主人公が特殊な能力を得るために使ったマッサージ器がおじいさんの手に渡っていたと思うんですけど、そのおじいさんは上手いこと主人公と同じ能力を得ることが出来て女の子たちと楽しくドライブをしていました。

カラダにイイ男をお得に読む方法

カラダにイイ男はレジンコミックで連載されていました。

なので、レジンコミックでなら普通の値段でカラダにイイ男を読むことが出来ます。

けれど、コミックシーモアで読んだ場合初回50%OFFクーポンや定期的に配られるクーポンを使うことでとても安くカラダにイイ男を読むことが出来ます。

なので、もしカラダにイイ男を読む機会があったらぜひコミックシーモアで読んでみてください!

⇒コミックシーモアで見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です